上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高円寺ルーツでライブ実施!


観てくれた皆さん…ベリーサンクス!!



サングラスかけてるとベースのフレット見えず…覇王翔吼拳を使わざるを得ませんでした!!

高円寺 覇王



スポンサーサイト

来週の週間少年ジャンプだが…ワンピースは休載らしい。。







ガッテム!


まあ、週間少年ジャンプは買いますがな。


最近リボーンがおもしろい。家庭教師ヒットマンにご教授頂きたい今日この頃です。


死ぬ気で頑張ってマフィアに転職だな!

the 真実薔薇のライブ情報!

場所→高円寺ルーツ
日時→2月27日(月) 19時から


27日はベース弾いてドラム叩いてコーラスしてタンバリン叩いて…非常に忙しい!


見に来てくれた人には一杯おごります(女性限定)。


よろしくお頼み申す!
この状況を打破するには。。



覇王翔吼拳を使わざるを得ない!!


虎煌拳ではなく、飛燕疾風脚でもなく。。




覇王翔吼拳を使わざるを得ない!!


今、そんな気分です。

覇王

今日も幸せが逃げていく…ため息と共に。。

「幸せが逃げてくよ」なんて言われるけど…ため息つかない人生なんてないわけで。。


ため息つかないと…むしろやってらんない今日この頃です。


幸せが逃げて行くのを見送ろうじゃないか。
ゴレンジャイ

皆さんは覚えているだろうか…?

「世紀末戦隊 ゴレンジャイ」!!

久々に笑わせていただきました。。


特警ウインスペクターとは、平和を愛し、友情を信じ、人の命を守る為犯罪に立ち向かう、
「警視庁特別救急警察隊」のことである!


メタルヒーローシリーズの中でも、拙者の中では上位にランクされる特撮である。。

敵組織が存在しないスタイルは当時斬新だった。。

放送当時、まだ子供だった拙者は夢中になって観ていたことを覚えている。
刑事ドラマのように展開していく一話完結のストーリー。

例えるなら、刑事ドラマを特撮にしたらこうなりましたって感じだろうか。。
一話ごとにドラマがあり感動がある。。今改めて見直すと、なぜ幼少期に夢中になっていたかが
よくわかる。。


そして、ウインスペクター本部長役として、ミスターヒーロー:宮内 洋大先生が出演しているのだ。。
宮内大先生の活躍については、言わずもがな。。ただただ…渋すぎます。。
仮面ライダーV3・秘密戦隊ゴレンジャー・解決ズバットなどバリバリの時代とは違い
とにかく渋い。。かっこよすぎます。。

ウインクペクター


こういう大人になれたらなって思う今日この頃である。。



将来犯罪の規模が大きくなってしまい、現代の警察では太刀打ちできなくなったとしたら・・
現実にウインスペクターのような組織が誕生するかもしれない。。

異世界から悪の組織が地球を侵略しに来ることは恐らくこれから先もないと思う・・
しかし、犯罪がなくなることは残念ながらない・・

凶悪化する犯罪に対しては、対抗する正義も武装しなくてはならない時代がくるのかもしれない・・
もし、そんな時代が来たとしたら・・特撮好きでも嬉しくない。。

平和を愛してこそ、真の特撮好きと言えるだろ!!

ジャンプ
月曜日は週間少年ジャンプの発売日である。


コンビニエンスストアへ立ち寄り、週間少年ジャンプのみを手に取りレジへ。。無論レジ袋はお断り。
週間少年ジャンプをかばんに入れたら真っ直ぐ家へ。



家に到着したら、手洗い・うがいを済ませ食事を取る。
「腹が減っては戦はできぬ」と言われるように腹が減ってはマンガは読めぬのだ。。



食事を取ったら、部屋のストーブの電源を入れる。。冬は暖かく、夏は涼しく。読書の時は常に
過ごしやすい環境を作り出さなくてはならない。


楽な部屋着に身を包み、飲み物の用意ができたらいよいよ読書開始か…







否…トイレへ行くのを忘れてはならない。トイレを済まし手を洗ったら。。

週に一度のお楽しみ。。週間少年ジャンプのページを開く。





こんな感じでいつも愛読してる。。
クールに去る男


「スピードワゴンはクールに去るぜ」…このセリフは素晴らしい!!


去り際にこのセリフを言い放てるのは、世界広しと言えど、スピードワゴンだけではないか。。。



しかもただ言えばいいってもんではない。。言った後はクールに去らなくてはならない。。

最早…神の領域である
十年という月日

今日から二月になった。。ついこの前新年を迎えたばかりのような気がするが…

この調子だと今年一年もあっという間に終わってしまいそうだ。。


一年が過ぎるのは早く感じる…しかし一年単位ではなく十年単位で考えるとどうだろう?


「十年…言葉にするとわずか二文字だが生きてみると随分長かったな」と斉藤一は語っている。。


人にもよると思うが、十年単位で考えるとやはり長いような気がする…
十年前、自分は高校を卒業し社会で生きていくことになった。。

十年振り返ると色々なことがあったし振り返るとやはり長い…しかし、社会に出てからの十年は自分にとってはいい十年だったと思う。苦労もあったが楽しかった。。


今から十年後に過去を振り返っても同じことが言えるようにありたい。。
「人が腐るには十分な長さだったようだな」と緋村剣心に言われないように。。


powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。